2016年7月26日

今日の社長の一言 07.26

20160726.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


今日から、アラスカに出かけてきます。


四半世紀に及ぶアラスカ行は、私自身の養育に、
随分と影響を与えてきたのだなとパッキングを
しながら感じていました。


困難を想定する心。


新たな局面に挑戦する気概。


必ず乗り越えて来るぞと誓う意気。


30代の頃から続けてきた旅の意味が
ようやく分かりかけてきた。


そんな年齢になったのだと思います。


何かを続けるからこそ見えてくる地平の広さに、
息を呑む時もあります。


果たして、その地平の彼方に何があるのか。


見届けたいと、興味津々の自分がいるのです。


果たして今年はどんな思索と出会いが待っているのか。


計り知れない未来にときめいています。


アラスカから優秀社員研修のナパまで
二週間の長旅になります。


留守中よろしくお願いしますね。


そうそう。


佐藤家では、ボランティアを募集しています。


こちらも、よろしくお願いします。


では、今年は近藤、小笠原、島田を引き連れて行ってきます。


そんなことで今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 08:57 | パーマリンク | コメント (0)

2016年7月25日

今日の社長の一言 07.25

20160725.jpg

201607252.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


夏の海は、人間の心を一気に
解放してくれるパワーに満ち溢れています。


やはりあらゆる生命は海から産み出されたのだと、
改めて感じた、SY大海水浴大会の三日間でした。


皆の笑顔笑顔笑顔。


本当に心の底から楽しんだ時間でした。


感心したのは、初めての大海水浴大会の準備を
進めてくれた若手の、想定力です。


様々な予見を、上手に形にしてくれていました。


私たちの日常は、明日の仕事の糧になります。


夜になれば、セミナーの相談やら、
プロジェクトの考えをぶつけ合う姿に、
SY魂を強く感じました。


さて、いよいよ7月もあと一週間になりました。


庄内の太陽の煌めきを力に換えて、
第二四半期の爆走を始めたいですね。


では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 09:40 パーマリンク | コメント (0)

2016年7月22日

今日の社長の一言 07.22

20160722.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


長所伸展法は人間の哀しみを知る事から
生まれてきた考え方だと思います。


全ての人間は役割を持って生まれてきた。


それは、あなたも、あなたの隣の彼も同じです。


その固有の役割を見ようとすれば、
その人間の長所をまず見つけなければなりません。


人に賢愚ありと謂えども一、二の才なきはなし。


この言葉に触れた時、
何よりもその優しさに心が熱くなりました。


一、二の才。


その小さな芽を必死に見つけようとするのは、
正に親心です。


親の哀しみ、かもしれません。


なるほど、慈しみとは、
そんな哀しみから生まれてくるのだと、
15才の少年は感激しながらその言葉を
繰り返し呟いたものでした。


一、二の才。


その発見は知性ではなく感性によって為されます。


論理的に知るのではなく、感じるのです。


時に人間は感じる心が鈍化します。


そんな時は、他者の哀しみにも
鈍感になり長所ではなく短所ばかりに目がいき、
攻撃的になるものです。


感じる心を常に磨き、
人の哀しみを知る人間でありたいですね。


今日は、大海水浴大会です。


海風を存分に楽しんで、
後半戦のパワーを充填してくださいね。


では、今日も一日ガンガン学びましょう!

投稿者: syworks  日時: 08:52 パーマリンク | コメント (0)

2016年7月21日

今日の社長の一言 07.21

20160721.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


このまま梅雨明けしたら大変です。


魚沼、越後は歴史的小雨らしく、
ある程度の雨を望んでいる様でした。


なんと言っても、雪も少ない冬の後ですから、
空梅雨では水事情に不安が募るのも分かります。


過不及なきを、最善と為す。


過ぎることなく、及ばないことなく。


中庸を以て最善と為す。


この思想は、日本人の根底にあるものだと思います。


気候も、世相も、生き方も、
中庸こそが大切なのだと知らされます。


勿論、いざという時の狂気は必要なものです。


初めてのセミナーをやりたい、
一つの業種や業態を攻めたい、
今こそ数値を追求したい。


そんな時は、狂うぐらいの集中は不可欠です。


中庸と狂気。


いまのSYにとっても、
改めて意識しなければならない事だと考えています。


明日からは、大海水浴大会。


遊ぶときは、とことん狂うが如く。


それが間違いなく先の活力に繋がるものです。


過不及なき日々の為、仕事にも遊びにも一心不乱に集中する。


そんな集団でありたいですね。


では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 09:18 パーマリンク | コメント (0)

2016年7月20日

今日の社長の一言 07.20

20160720.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


遠くから響いてくる打ち上げ花火の音ほど、
夏を感じさせるものはありません。


昨晩は、魚沼佐藤塾からの帰り道、
六日町の花火大会に遭遇しました。


いよいよ夏本番。


その号砲の様な轟きに、言い知れないノスタルジーが
沸き上がってきました。


蛙の大合唱、蝉の声、鈴虫の涼音、風鈴。


初夏から秋にかけて様々な懐かしい音と出会います。


蟋蟀が、深夜、たった一匹でコロコロ鳴いている。


秋も深まったなと思う頃まで、
数えてみればもう二月ばかり。


一年の脚の早さに驚きます。


どうも時の早さに、なかなか仕事が追いつけない今年のSY。


エンジンをしっかり自己点検して、
夏空にダッシュしたいですね。


では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 09:22 パーマリンク | コメント (0)

2016年7月19日

今日の社長の一言 07.19

20160719.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


深夜の庭の片隅から妖艶な薫りが漂ってきて、
ふらふらとさ迷い出てみると、
梔子の花がワラワラと咲いていました。


二枝だばかり垰って部屋に活けると、
まあそれは懐かしい初夏の香りで、
時空が錯綜する気分になりました。


秋の金木犀の香りと初夏の梔子は、
記憶の深層に働きかける魔性があるように思います。


勿論、たわわに花を着けている、
二株目のカサブランカの香りも
濃密に漂っては居るのですが、
梔子の和の香りは、記憶の遥か彼方の破片まで、
集めてくる磁石の様です。


香りの時代。


もう10年近く語っている実相を
我が家の夜の庭で、実感しました。


記憶を蘇らせるなにものか。


遠い記憶を暫し、
追いかける時を過ごしました。


七月も、はや半分が過ぎて、夏も佳境。


季節においてけぼりを食わないように、
時間を追い越してくださいね。


では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 08:44 パーマリンク | コメント (0)

1958年宮城県生まれ。船井総合研究所に入社以来、経営コンサルタントとして経営の第一線で数多くの企業経営に携わった。
2006年に株式会社S・Yワークスを立ち上げる。百年続く企業をメインテーマに、業種・テーマを問わず活躍中。その情熱的な手法に圧倒的なファン客を持つコンサルタントである。25年の長きにわたり、年に一度はアラスカへ熊の撮影に行き、グリズリーの研究家としても知られている。

Copyright (C) 2006 Success YellWorks Corporation. All Rights Reserved.
Powered by Movable Type