2016年8月29日

今日の社長の一言 08.29

1472364704923.jpg

おはよう。

今朝の一言です。



八月も残すは二日。

上半期最終月に入ります。



区切りの猛烈な台風が仙台を目指して来るようです。

早めの対処をお願いします。





さて、今期の上半期は仕掛けと言う点で新たな挑戦が、

著しく停滞した半年でした。

リーダー陣、中堅社員も日常に追われて

中期的な準備が後手に回っている様です。



今と未来、現業と夢、成長と克己。

バランスを取り戻して八月最終二日を、過ごしてください。





會田のチラシセミナー、

堂々とした話しぶりだったとの事。

次ぎに繋がる一日だったようです。



機会を与えられるだけの努力をしているか?、

機会を活かしきる努力はできたか。

一つの機会が一人の人間を

飛躍的に成長させることがあるものです。

自らそんな機会を作り出してくださいね。



では、今日も一日ガンガン学びましょう。





投稿者: syworks  日時: 09:36 | パーマリンク | コメント (0)

2016年8月26日

今日の社長の一言 08.26

1472165179622.jpg

1472165191697.jpg

1472168637995.jpg

1472169614263.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


一つの夢が形になる。


そのプロセスに寄り添い、共に考え抜く事。


私たちの仕事は夢を孵化させる
加温器のようなものです。


茶谷社長の大きな夢、鄙茅。


もう五年以上も前の大雪の日、宮川沿いの
広大な茶畑を長靴で歩き回って
茶谷社長の夢を聞き続けました。


一つの夢が希望に代わる、その瞬間を共にする記憶を
どれだけ積み重ねてきたか。


私たちの仕事の勲章かもしれません。


鄙茅は、想像通りの姿で佇んでいました。


宮川を望む絶景の丘。


鄙茅は、時代を超えてここに在る。


未来からの風に吹かれて、そう確信できた時間は
幸せな時でした。


そんな幸せを胸に刻む事ができる仕事。


だからこそ、精進しなければなりませんね。


凶暴な台風がじわりじわりと
正体を現し出しています。


伊勢は気温こそ高いものの、空は秋色。


台風の進路に要注意です。


では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 09:56 パーマリンク | コメント (0)

2016年8月25日

今日の社長の一言 08.25

1472082788442.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


天は自ら助くるものを助く。


この言葉は思春期の少年にとって、
確かにと、深く腑に落ちた言葉でした。


自助努力の積み重ねの上に、
天の匙加減が初めて加わるもの。


運がない、ツキがない、そんな時は
まだまだ自助努力が足りないときなのだ、
そんな程度の気づきではありましたが。


セルフhelp、その思考は近代社会の基盤でもあります。


一方、自助努力の積み重ねは、天を信じる事でもありますし
自分自身が周りの人たちの自助努力を、決して見逃さない
という意志を持つ事でもあると、思います。


敬天愛人の四文字をセルフhelpに
当てた先人の思想の深さに、
感動したものでした。


SYも、誰もが敬天愛人の思想を
深く心に留める集団でありたいと、
思っています。


今日は伊勢路に向かいます。


晩夏の伊勢は何かを心に伝えてくれるだろうと、
確信しています。


では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 10:12 パーマリンク | コメント (0)

2016年8月24日

今日の社長の一言 08.24

1471998995780.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


茶壺の瀬は突破率4割。


過半の参加者が見事に沈をして
茶壺の洗礼を受けたのですが、
それは楽しいカヌーでした。


目の前に立ち上がる白波と、轟音に
一瞬でも手が止まれば、あっという間に
ひっくり返されてしまいます。


沈した人も、乗り越えてガッツポーズの人も
記憶に残る夏の一時だった様です。


昨日の大阪?仙台便にはSYの面々が
長崎からの玉虫も含めて、7人。


仙台に戻られる四万十参加の方々も入れれば、
十数人のSYファミリーが搭乗していました。


入道雲を眺めながら、そろそろ夏もお仕舞い。


四万十が、夏の締め括りだなと思っていました。


周年セミナー翌日の佐藤家ピクニックが、
心の中の夏の始まり。


それから90日の夏のフィナーレも、
とても大きなお客様の笑顔で締め括れた様です。


この夏には、辻小百合ちゃんの誕生もあって、
リオオリンピックの絶叫と共に記憶に残る夏でした。


小松島の庭もすっかり虫庭。


夏の名残を楽しみながら、ぼんやり美しい音色に
聞き入っていました。


たのしいことも、辛いことも、悲しいことも、
世の習いとして季節の彼方に溶けていく。


夏の終わりを意識した時には、どの季節よりも
切なさが沸いてくるものです。


その切なさを新しいエネルギーに代えながら、
目の前のやるべき事に集中して行きたいですね。


では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 10:06 パーマリンク | コメント (0)

2016年8月23日

今日の社長の一言 08.23

1471904437749.jpg
1471904489327.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


快晴、36℃の四万十カヌーは心地よい時間でした。


爽やかな風、天高く入道雲が立ち上がり、
参加した方々の歓声が心地よく響きました。


フランスの白石康次郎さんからのビデオレターも、
皆さんの勇気になったようです。


恐れることなく漕ぎ抜くこと。


来年は必ず参加しますよ。


一層シャープになった白石さんの挑戦まで、
あと70日余り。


ワクワクです。


今日はオプション講座で、19人の挑戦者が
茶壺に挑戦します。


昨夕、確認に行きましたがなかなか激しい
茶壺に変わっていました。


様々な想定をして臨みたいと思います。


夜は鈴虫の声。


気温は高くても秋ですね。


では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 09:51 パーマリンク | コメント (0)

2016年8月22日

今日の社長の一言 08.22

1471825872570.jpg

おはよう。


今朝の一言です。


猛暑少雨の西日本を象徴するように、
四万十川はすっかり痩せ衰えていて、
可哀想な姿です。


8回目の四万十セミナーは、
とても賑やかに進んでいます。


黒尊カフェも快晴の空の下開店できるようで、
二日前から張り切って開店準備を進めていた
面々もホッとしている様子。


私も気合いを入れてシェーカーを振るつもりです。


7年間常任講師を勤めてくれている
白石康次郎さんはバンデグローブに向けてフランス滞在中。


8年連続ゲスト講師の喜多川先生の阿吽の呼吸。


初登壇の後藤健市さんの正に四万十セミナーならではの講話。


やはり歴史を重ねることの強さと意味を感じた一日でした。


それにつけても、台風9号が真っ直ぐ関東から東北に
抜けていく気配です。


わずか一日の差で四万十セミナーは差し障りなく
開催されるわけで、これも続けている御褒美かもしれませんね。


何故四万十セミナーなのですかと、よく聞かれます。


この自然の中で感性を磨いて欲しい、
何が失った大切な物事なのか耳を澄ませて欲しい。


様々な理由があります。


しかし本心を言えば、四万十に恩返しをしたいのです。


二十歳過ぎから数えきれない気づきと、
生きる楽しさを教えてくれた四万十川と
この地域の人々に。


多くの人たちの記憶に四万十を留めてもらうこと、
大きな歓声と喜びの声を地域の人々とこの川に届けること。


それが、小さなこの仕事だからこそ出来る
恩返しだと思っています。


さて二日目のスタートはカヌー研修です。


快晴、気持ちの良いカヌーになりそうです。


では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks  日時: 09:09 パーマリンク | コメント (0)

1958年宮城県生まれ。船井総合研究所に入社以来、経営コンサルタントとして経営の第一線で数多くの企業経営に携わった。
2006年に株式会社S・Yワークスを立ち上げる。百年続く企業をメインテーマに、業種・テーマを問わず活躍中。その情熱的な手法に圧倒的なファン客を持つコンサルタントである。25年の長きにわたり、年に一度はアラスカへ熊の撮影に行き、グリズリーの研究家としても知られている。

Copyright (C) 2006 Success YellWorks Corporation. All Rights Reserved.
Powered by Movable Type